weep.jp

Welcome to the "weep.jp"

更新履歴

2018年8月

気づけば、「カスタムURL」に対応していました。

しかも「HTTPS」対応!!

将来的にはここを次世代「weep.jp」として、リニュアル予定。

(2018年8月10日 記)

2018年4月

「新しい Google Sites」は、「旧 Google Sites」とは、まったく異なり、とてつもない勢いで柔軟さに欠けており、「G Suite」上で作成しないと、独自ドメイン(カスタムURL)を使用させてもらえない縛りがあった。

すなわち、無料で独自ドメインを割り当てできた「旧 Google Sites」のような素晴らしい柔軟さを持ち合わせていない現状です。

(2018年4月某日に記したものを、 2018年8月10日に再編集。)

2017月

2017年2月 「新しい Google Sites」の動作確認として、「「Megpoid」を描いてみた」をホーム上に暫定公開。

2017年10月 サイトタイトルを「weep.site」にし、転送URLとしても設定。

開設から総括

  • 2018年8月 (weep.jp)「新しい Google Sites」がカスタムURLに対応し「www.weep.jp」に割り当て、将来的に移行を目指す。
  • 2017年 (weep.jp)独自IP化、HTTPS化。「weePlay」新設(のちの「weep.pw」)。
  • 2016年 (keepweep→weep.jp)「Dropbox」が HTTPサーバー機能を廃止にともない、ジオシティーズの「keepweep」を「weep.jp」に統合し、自前のPHPシステムで運営。
  • 2015年 (weep.jp) はてなブログ仕様に(のちの blog.weep.jp )。
  • 2013年(keepweep) 「Dropbox」を HTTPサーバー機能を使用して JavaScript を設置し遠隔的な管理を試みる。
  • 2009年(keepweep) ページデザイン一新。
  • (weep.jp) この間、WordPress だ、Bloggerだ、Tumblr だ、といろいろと迷走しつつ、ニコニコ動画とYouTubeに籠もっていた。
  • 2006年8月(weep.jp) 別名義で運営していた盗使哀を引き継ぎ。
  • 2004年10月(weep.jp) 「weep.jp」開設。Blogn 仕様。
  • 2004年9月(keepweep) ジオシティーズで「keepweep」開設。